歯周病 Periodontal disease

歯周病は明らかな自覚症状を伴うことなく、いつの間にか進行し
歯の喪失へと至るとても怖い病気です

現在でも30歳以上の約80%が歯周病にかかっているといわれ、歯の喪失原因の第1位となっています。
しかし、定期的メンテナンスと正しいホームケア(ブラッシング・食生活習慣改善など)によって進行を抑制できる病気です。歯科先進国であるスウェーデンでは行政指導のもとメンテナンスを行っている実績もあって(メンテナンス率90%)、歯の保存率・歯周病罹患率とも日本とは大きな違いがあります。一方、日本は歯の喪失率・歯周病罹患率とも高く(メンテナンス率2%)、未だに“入れ歯”が当たり前の治療選択肢となってしまっているのが現状です。

歯周病とは?

歯周ポケットの深さや出血などから
歯周病の進行程度や
炎症の有無が分かります

歯周病は歯の病気ではなく、“歯の周りの病気”です。

歯と歯肉の境目には歯肉溝という隙間があります。歯磨きが上手く出来ないと、この歯肉溝にプラーク(歯垢)がたまり、歯ぐきに炎症をおこします。
そしてさらに炎症がすすむと歯肉溝はどんどん深くなり、歯周病菌にとっては格好の潜伏場所 (歯周ポケット)となって、今度は歯を支える骨をむしばんでいきます。
その結果、歯はどんどん動揺するようになり、最終的には抜けてしまいます。

歯周病の進行

健全な歯周組織

健康な歯ぐきは自然なピンク色で引き締まってます。歯を支える歯槽骨も健康です。

歯肉炎状態

歯肉溝に歯垢がたまり歯肉に炎症を引き起こしています。これを放置すると歯垢は歯石となり歯周病へと進行し、歯周ポケットが形成されます。歯石はブラッシングでは取り除けません。この段階で治療を受ければ早期回復が望めます。

軽~中等度歯周炎

深い歯周ポケットが形成され、歯茎から下の部分に黒っぽい歯石が目立ち始めます。歯周病菌による歯槽骨の破壊が始まり、血や膿がでるようになります。

重度歯周炎

歯槽骨の破壊がいっそう進み、歯がぐらつきます。よく噛めなくなり、強い口臭がでます。ここまで来ると歯の喪失目前となってしまいます。

歯周病治療の流れ

初診
痛みがあれば応急処置:洗浄、投薬等
歯周病のスクリーニング
歯ぐき周囲の炎症の有無、歯周ポケットの深さ、歯の動揺度、レントゲン撮影
歯周初期治療:
TBI(ブラッシング、フロッシング指導)、スケーリング(歯ぐきの上の歯石取り)
再評価
歯周組織の状態悪ければ Step5へ。歯周組織の状態に改善が認められると Step7へ。
歯周治療
ルートプレーニング(歯ぐきの下の歯石取り)、FOP(外科処置)
状態悪ければ再度 Step5へ。改善が認められると Step7へ
メンテナンス(定期健診・PMTC)

歯周病チェック

こんな症状ありませんか?

  • 歯みがきをしたり、硬いものを食べると歯ぐきから血がでる。
  • 歯ぐきがぶよぶよして、黒ずんでいる。
  • 歯がぐらつく。
  • 口臭が気になる。
  • 口が渇く
  • 歯並びが良くない。

こんな傾向ありませんか?

  • ブラッシングには自信があり、ここ1年以内に歯科医院へは行っていない。
  • タバコをすう
  • 歯軋りをする
  • 甘いもの、柔らかいものがすき
  • 妊娠している、糖尿病などの全身疾患を患っている

以上にひとつでも当てはまる方は、歯周病を患っている可能性が高いです。早めに検査を受けられますように!