予防・メンテナンス Care

痛みがなくなることが治療のゴールではありません。
痛みがなくなることは予防のスタートです。

当院では、痛みがとれて、お口の中の機能が回復して、患者さんに満足していただくことが、ゴールではないと考えております。
その状態を維持していくことが大切です。
そのために、定期的にメンテナンスとして来院して頂き、虫歯予防、歯周病予防を実践し、患者さんが再び、苦痛を味わうことのないように努めています。

2人に1人が入れ歯って本当?このままでは自分も入れ歯に?

日本人は50歳代後半から2人に1人が部分入れ歯を、75歳以上では約60%が総入れ歯を使用しています。
→経済の分野では先進国である日本。しかし、歯科の分野では決して先進国とはいえないのです。それでもあなたは今まで通り歯科医院へは“痛くなければ行かない”つもりですか?

入れ歯にならなくていいようにする"メンテナンス"って何?

お口の中の定期的な診査・お掃除のことです。歯科先進国スウェーデンやアメリカではメンテナンス率が80~90%といわれています。歯の保存状況も日本とは大きく異なり、お口の中に“入れ歯”を入れることはとても非現実的なことと認識されています。一方で日本のメンテナンス率は約2%程度であると言われています。

メンテナンスプログラム

わだ歯科で最もお勧めするメンテナンスプログラムは、初期治療+3ヶ月おきのPMTCが基本となっています。歯の喪失を避けるためにお勧めする一押しプログラムです。

メンテナンスの流れ

初期治療はどなたでも最低6ヶ月に一度は行っていただきたいケア。健康状態、生活習慣の変化などを問診いたします。

レントゲン検査で、歯を支える骨の状態、虫歯の進行を確認します。

口腔内検査で、歯茎の状態、歯周ポケットの深さ、歯の動き・咬み合わせ、虫歯の状態などを確認します。

TBIとは、ホームケアの実践を目的としたブラッシングのアドバイスをさせていただくことです。

歯茎の上の部分の歯石を、超音波スケーラーを用いて除去するスケーリングをします。

歯周病の心配なし Careコース 歯周病の心配あり Cureコース

Careコース(自費診療)

PMTC

使用するのはゴムやブラシなど
柔らかい材質のものばかり

このような感じで歯の表面屋は
肉で隠れた歯の根元の汚れを磨き落とします。

歯と歯の間もフロスなどを使用して磨き上げます。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は、専用機器と薬剤を使用して歯の表面の汚れを隅々まで除去し、歯茎のマッサージを行います。
通常の保険診療で行われる歯石取りとは異なり、生活習慣により、歯にこびりついた茶渋・ヤニ・着色など、自分では落とせないガンコな汚れを除去し、ツルピカの歯になることができます。

更に定期的なクリーニングは歯周病の予防や進行の抑制に非常に効果が高いことが学会で報告されています。

毎日、知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット(歯と歯肉の間のみぞ)内の歯の根の部分もキレイに磨き上げて汚れを取り除きます。歯石を取るような治療ではなくあくまで心地よい範囲の刺激で行なわれます。

次のような人にPMTCはお勧めします

治療ではなく単純にお口の中をキレイにしたい人

特に痛いところもなく、歯肉がはれているわけでもないけれども、お口の中をすっきりさせたい人
※但し、診査の結果ある程度進行した歯周病・虫歯などが見られる場合は、歯周病・虫歯の処置が終了してからお受けになることをお勧めしています。

歯周病、虫歯、口臭などで悩んでいる人

ブラッシング、保険診療による「歯石取り」では取り除くことのできない「バイオフィルム」を除去することで、歯周病・虫歯・口臭の原因となる細菌を退治することができます。

矯正中の人

矯正装置の回りの汚れなどをキレイに取り除くことが難しいときなど歯磨きの手助けになります。

被せ物やブリッジなどがある人

ブリッジなどの歯のない部分も自分では磨けないようなところまでキレイになります。

カリエスリスク検査

唾液の性状から、あなたがどれだけ虫歯になりやすいのか(又は、なりにくいのか)を確認することができます。現状を詳しく把握することでお口の健康状態のより具体的な管理が可能となります。

デンタルドッグ

  • 1.簡単な問診後、カリエスリスク判定のために唾液を採取して検査専門施設へ送ります。更にブラッシング評価(プラークチャート)と歯の周囲の精密な検査を行わせていただきます。(60分)
  • 2.歯石の除去を行います。(精密検査と歯石除去は保険診療にて行います。)(30分)
  • 3.検査専門施設から送られてきた検査結果、及び歯の周囲の精密な検査の結果に基づいて、現状の把握と今後の治療方針を話し合います。詳しい検査報告書をお渡しいたします。(30分)
  • 4.PMTCを行います。(60分)
  • 5.最後にご自宅でのお手入れ方法(ホームケア)や食・生活習慣についてのアドバイスをいたします。そして、患者さまの状況に応じてリコール間隔を決定いたします。

Cureコース(保険診療)

初期治療後に行なう再検査で、歯と歯ぐきのすき間が 4mm 以上存在する部分 (歯周ポケット)が存在した場合、積極的な歯周病治療が必要となります。

ホームケア

自宅で行う毎日のオーラルケアはとても重要になります。基本検診で専門家による正しいホームケア方法を指導します。

  • ブラッシング・フロッシングのアドバイス
  • 生活習慣・食習慣のアドバイス
  • ホームジェル、キシリトールなどの積極的利用など